英単語を覚えたい!~大学受験向けの勉強方法をご紹介~

大学受験は将来の夢を叶えるためのスタートラインですので、受験生もご家族も塾選びは真剣そのものです。通塾するタイプの他、映像を使ったオンライン式など様々あるため、塾の特徴を把握してから塾選びについて考えましょう。

塾に通った後は、ひたすら合格を目指して、苦手な部分を強化するために学習するのが基本です。しかし、英単語に関しては、自ら取り組まなければいけないため、つい後回しにしてしまうケースは少なくありません。

単語カードを活用してスキマ時間も覚えるべし!

単語カードを活用してスキマ時間も覚えるべし!

ノートに書いて覚えるという方法が一般的ですが、それだけでは十分とは言えません。大学受験までに5000~7000個の英単語を覚える必要がありますので、単語カードを活用してスキマ時間も効率的に使いましょう。

単語カードを使えば、めくるだけで学習できるため、いつでも・どこでも取り組みやすいという点がメリットです。

単語カードの文字を目で追って発声し、頭の中で意味を予想しながらノートに書くと、英単語を効果的に覚えられます。大学入試は英語の「読む・聞く・話す・書く」の4技能を評価する方針ですので、バランスよく身につけることが大切です。

英単語の意味をきちんと暗記していくことで問題なく回答できるため、単語カードをもっと活用しましょう。

具体的な目標設定をしよう

英単語を覚える際は、長文が読み解けるレベルを目指していきましょう。大学受験に向けて暗記するためには、繰り返し学習する必要があります。

まず1週間もしくは10日と期間を決め、限られた期間内に「100個の英単語を暗記する」という具体的な目標を設定します。設定する単語数は、受験までに絶対覚えなければいけない数を、残された日数で割り導き出すことができます。

後は日々単語カードをめくりながら暗記し、単語を見た瞬間に意味が言えるようになれば目標達成です。

入試に頻出する英単語のチェックは参考書で

入試に頻出する英単語のチェックは参考書で

英単語は大学受験までに覚えなければいけない数を、いかに効率よく暗記できるかが重要となります。覚えづらい単語に悩み時間を割くようであれば、塾が推奨する参考書を活用するのもおすすめです。

参考書の有無は塾選びのポイントでもありますので、抑えておきましょう。参考書の付属CDを聞きながら英単語を暗記すると、発音記号が読めない段階でも雰囲気がつかみやすくなります。

基本的な英単語は教科書、入試に頻出する英単語のチェックは参考書で覚えるなど、単語カードと併せて最大限に活用してください。英文中で単語を覚えられますので、その意味も忘れにくくなります。

お役立ちコラム

大学受験向けの塾選びはオンライン授業も扱う【LINE受験相談】

サイト名 LINE受験相談
URL http://line-jukensoudan.com
運営会社 アクシビジョン株式会社
塾名 アクシブアカデミー
塾名URL http://axivacademy-tokyo.com/

LINE受験相談で悩み解決!

LINE受験相談はこちら