偏差値20上げる方法

偏差値20上げる方法

 

Q)

はじめまして。偏差値60近くの高校新三年生です。高校受かってから今まで勉強全くしてきませんでした。成績は学校のどん底、留年しかけるレベルです。現在の偏差値、学校で行われてる全県マーク模試で40~50くらいです。そんな中で、本気で青山学院大学行きたいと思ってます。正直、普通に考えて無理です。でも、行きたいんです。どうしたら効率よく偏差値を20上げられますか。やっぱり自分で参考書を見てやるより、少し公共機関を使ってもそういった専門の予備校に通ったほうがいいのでしょうか。

 

A)

こんにちは。はじめまして、アクシブアカデミーの〇〇です。連絡ありがとうございます。現在偏差値が何であれ、偏差値60の高校に受かる潜在能力があり、あと1年という残り時間を考えれば、全然不可能で無い入試だと思います!

私立3科目に絞って勉強して行けば大丈夫です。自分でやると必要な要素が入ってなかったり、今の自分に本当に必要な参考書が何かを適切に判断できないことが多いので、ぜひ管理してくれる塾に行くことをお勧めします!

もし、私たちアクシブアカデミーの近くに家があれば、一度無料相談もできますので、検討してください。

受験校は青学のみですか?ほかのMARCHなどは視野に入っていますか?

 

Q)

丁寧な返信ありがとうございます!今の所MARCHでしたら青学だけです。あとは、地元の南山を目指していこうと思います。そもそも、そこまで受けられる学力に引き上げなければ話になりませんが!入塾を考えている難関文系私立に特化した塾が名古屋にあって、入塾時どんなレベルでもここのプログラムに沿ってやれば必ず受からせますといった基礎からみっちりやってくれるところなんですが、家から学校の定期券外で真逆で、学校が帰りに行こうとすると30分〜40分かかります。1年間通うとなると、塾費用プラス交通費10万弱で、90万ほどになります。親には、毎日通うとなると10時まで名古屋まで行って疲れて、学校の授業がおろそかになるし、地元の河合塾など大手ではいけないのかといわれました。やる気があるならどこでやっても同じだと言われました。確かに、近くて行きやすいところのほうが、行き帰りで疲れないと思います。でも、しっかりサポートしてくれるのか、基礎から教えてくれるのかといった点で不安です。どうしたらいいのかわからくて、4月に入りかけて焦っています。大手か、遠くて負担があっても、しっかりした前向きなプランを立ててくれる塾か…どちらがいいのでしょうか?ごめんなさい、こんな相談に乗ってもらって申し訳ないですが、アクシブアカデミーさんも検討したのですが、さすがに遠いです。

 

A)

返信遅くなり申し訳ありませんでした。例えば、法政や立教では、センター利用で国語90分間を全て現代文に使い、古文漢文を一切解かないようにして、国語の点数を取りに行くというやり方もあります。法政では2科目入試もあります。まずは、受験校の戦略を正しく行い、そのための対策をしっかりとしていけば受験は上手くいきます。確かに、予備校選択は悩むところですね、、、そこの塾のことを詳しくわからないので、受験戦略や指導力がどこまでできているのかわかりませんが、確かに河合塾では、なかなか個別に受験校の戦略をして、毎日の勉強に対してアドバイスをくれることはあまりないと思います。学生チューター1人の自分の経験からのアドバイスでは、力不足にも感じます。しかし、受験は保護者の方に金銭的にも精神的にも大きな負担をかけることで、家族の支えがないと成功しないものなので、家族の反対が大きいのであれば、なかなか名古屋の塾に通うことは難しいようにも感じます。予備校の金額はとても大切な要素だと思うので、家庭的に金額が難しいようであれば他の予備校を検討すべきかもしれません。金額は問題ないのであれば、距離はそんなに問題ないと思います。電車でも勉強できますしね。ただ、毎日自習室に通ったりする負担は確かにあります。ちなみにアクシブアカデミーの生徒の多くは家から30分〜1時間くらいの距離から来ていますよ。大逆転を目指すのであれば、個別にプランを立ててくれる、速習ができるところがいいですね!私も〇〇さんの予備校情報や家庭環境全てを把握していないので、どちらの方がいいと断言してあげられなく申し訳ないです。ちなみに名古屋の本郷は遠いですか?もし、近いのであれば、大逆転をかなりサポートしてくれる良い塾があるので検討に入れてもいいと思いますが、通える範囲内ですか?

 

Q)

本郷は、1時間かかるので、親がもっと反対すると思います…名古屋駅付近にはないですか?いこうと思っていたところ、増田塾なのですが、定員がいっぱいになり、千種校しかなくて、絶望しています。やはり、大手の個別で基礎からやってもらったり参考書を使って自力でやったほうがいいのでしょうか。

 

A)

そうですか、、、残念です。増田塾でしたか、有名どころですね、私も詳しくは知りませんが、合格実績からして、しっかりしていると思います。ただ、定員いっぱいなのは、残念ですね。通常の個別塾で授業をやってくれるだけであれば、結局大学生アルバイトに教えてもらうだけになるので、それであれば、河合塾のが授業は分かりやすいとおもいます。わからないところは先生にたくさん質問に行くのがいいです。やはり大逆転にはできれば授業の質ではなく、残りの自習時間全てをいかに効率よくできるようにアドバイスくれるかが重要だと思うので、そこを重視してくれる塾であれば良いと思います。参考書のアドバイスも欲しいですね。地元の個別塾がそこを重視してくれるか一度聞いてみるのがいいと思います!

 

Q)

わかりました!一応今は、河合塾の個別にいき、学校の教科書と英単語と古単語を夏までに完璧にしていくことから始めようと思いました。とりあえず、今までなにもやってこなかっただけなので、偏差値50までは自力でなんとかできると思いました。いろいろありがとうございます。ちなみに、青学の一般入試ですと、英語がかなりハイレベルと聞いたのですが、他に対策すべき点はありますか?センター利用などではなく、一般に絞って攻めた方がいいですよね?

 

A)

そうなんですね。きっとそのやる気があれば頑張れると思います。英語は中々難しいかもしれませんが、やはり配点が高いと思うので、時間をかけて得意科目にしてください。歴史は安定する科目なので、歴史と英語は合格ラインを超えていけるようにしていきましょう。国語は多少上下する科目なので、英語と社会で稼ぎましょう!MARCHの社会は基本的な問題をマスターしていけば合格ライン取れるので、難しいことに手を出すのではなく、基礎を徹底的に詰めていきましょう!センター利用は狙ってもいいと思います。一般を基礎にしながら、センター前には対策をして、点数を取りましょう!滑り止めだけでもセンター利用で取れるとかなり楽になります。頑張りましょう!!

 

Q)

丁寧なアドバイス、本当にありがとうございます。社会(わたしは世界史選択なのですが)の勉強は、やはり学校の教科書では足りないので、参考書等を使った方がいいですよね?

 

A)

そうですね、学校で一問一答などが配布されていたら新しく買わなくてもそれらの問題集でもいいと思います。レベルがセンターまでだと少し足りないので、国公立2次や私立対策として使えるようなレベルに対応してあると参考書に書いてあるといいですね!

 

Q)

わかりました!!!お母さんと探してみます。また、質問あったら、よろしくお願いします!!!

 

A)

一問一答であれば、初めはもっと簡単でもいいけど、これくらいのレベルまでできるといいですね!頑張ってください!

 

Q)

そうなんですね!!それの世界史バージョン、探してみます!一応今は、学校で配られたこれを使ってます!

A)

10分間テストがあるならそれをマスターしたら大丈夫です。世界史は流れが大切なので、山川出版の世界史の流れ図って参考書を追加するといいかもしれませんね。頑張りましょうね。

 

Q)

わかりました!!さがしてみます!この10分間テスト中心だけで、私立入試対策になるんですか??

 

A)

教科書や流れ図で流れを理解し、10分間テストでインプットできれば、かなり問題は解けます。私立で満点を狙う必要はなく、合格ラインを取ることができればいいんです。もちろん、さらに問題集をできれば理想ですが、英語と国語で相当時間を使うと思うので、世界史は少ない参考書を完璧にすることが今回は大切かなと思います。夏の時点でこれらを暗記した状態で過去問を解き、足りなかったら、問題集を追加という流れがいいと思います。経験上では、今あげた10分間テスト、教科書、流れ図でMARCHは問題なく合格ラインを取ることはできるはずです。

 

Q)

なるほど!世界史はその形でやっていこうと思います。時間がかかる英語と国語はどういった形でやっていけばいいでしょうか?問題の英語は、赤本のレベルでは全くないので、夏までに単語と熟語を中心に完璧にしていくかんじでいいですか?それだと遅いですか?国語ですが、現文は昔からまぁまぁ得意ではあるんですが、漢文古文がすごく苦手で、高一からつまづいているレベルなんですが…。英語で、学校で使用していた参考書はこういったものです!まずこれの最初からコツコツやっていくというのは…?それで、基礎が固まったら、ここら辺を使おうと思ってるのですが…

 

A)

英語の単語と熟語は今集中的に行って6月までにマスターするように努力すべきだと思います。スクランブルを使っているようなので、夏前までにマスターしましょう。もし、スクランブルが難しければ、成川のオレンジ色の参考書をやって、その後、成川のピンク色をやってから、スクランブルに戻るといいと思います。あとは短文和訳や長文を夏休みにやるイメージかなと。秋にGMARCHの英語でいいと思います。古文漢文は単語と文法は夏前までには習得し、夏から演習のイメージですね。秋には全科目の基本的な要素が終わっているように持っていくといいですね!

 

Q)

夏までに、基礎固め、夏休みからは、赤本をもとにした演習、というので大丈夫なんでしょうか…?それとも赤本はもっと後で、夏休みからはちゃんと予備校の授業を受けてやっていったほうがいいですか?いま予備校にいってもただ授業を受けるだけになってしまうので…。なるほど!!ありがとうございます!

 

A)

赤本は理想は9月から週1くらいから解き始めて、徐々に増やすことですが、おそらく時間がないと思うので、8、9月に大学のレベルと今のレベルを比べるために使用し、11月から増やすイメージでいいと思います。なので、冬までは参考書の演習が中心です。予備校はいつから行ってもためになると思います。例えば短文和訳だけを重点的にやってもらうなどでもいいです。もし自分で参考書やってもわからない場合は早めに通うことをお勧めします。私もラインでは〇〇さんの正確な情報をつかめずにアドバイスするので、やはり塾生へのアドバイスと比較すると正確さが落ちます。予備校で弱点なども正確に把握してもらえて、アドバイスもらえたら最短距離での合格が見えてきますしね!

 

Q)

わかりました!!!近くの塾も、親と検討してみます。すごく参考になりました!本当にありがとうございます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学の偏差値を知るなら【LINE受験相談】へ

サイト名 LINE受験相談
URL http://line-jukensoudan.com
運営会社 アクシビジョン株式会社
塾名 アクシブアカデミー
塾名URL http://axivacademy-tokyo.com/

LINE受験相談で悩み解決!

LINE受験相談はこちら